【送料無料】長谷園 伊賀焼・炊飯土鍋「かまどさん」(ガス直火用)3合炊き※陶敷板・竹枸子・レシピ付(長谷製陶)

食卓は遊びの広場だ。

伊賀焼の発祥は今から1300年前、遠く天平年間に現伊賀市丸柱の地に窯を興し、神器・日用雑器作りに始まりました。

長谷園は天保3年(1832年)にこの地に築窯して以来、
伊賀焼の伝統と技術を継承して参りました。
「作り手は真の使い手であれ!」の精神のもと、
文明とともに進化するライフスタイルを体に感じながら
常に時代を見据えたものづくりに専念しております。

「食卓は遊びの広場だ」を理念にかかげ、
日本の食文化に少しでもお役に立てるよう日々精進して参ります。
今に生きる伊賀焼の逸品をお楽しみください。

料理人に好まれる伊賀の土鍋

伊賀の地は太古の昔、琵琶湖の湖底でした。
その地層から採れる陶土は耐火性が高く
江戸時代より直火の土鍋、行平、土瓶などがこの地で作られていました。

伊賀の陶土は中に炭化した植物を多く含んでいるため、
焼成すると、多孔性の素地になります。
そのため、土鍋本体がしっかりと熱を蓄え、食材の芯まで
じっくりと火を通し、旨味を逃さず美味しい料理に仕上げます。

また、この素地は遠赤外線効果も発揮。
煮る・焼く・蒸す・焙るなどの調理器具として昔からプロの料理人に愛されてきました。








こんなご飯やおかずも炊けます!
【材料】
●残ったおこげご飯 適宜
●のり 適宜
●水 適宜
【作り方】
1)残ったおこげご飯に水を3~4倍加えて軽く混ぜ、上蓋をセットし強火で炊く。上蓋の穴から湯気が噴き出し始めたら火を止め、10分程おく。
2)お好みで、もみのりなどを加える。
【材料】
●米 2合(360cc)
●水 600cc
●大豆・小豆・黒豆・玄米・あわ・ひえ・きび・丸麦・はと麦
 それぞれ1合
【作り方】
1)五穀類は洗って水気を切る。お米を研いで水気を切る。
2)かまどさんに1と水を入れ、約20分間浸しておく。
3)中蓋と上蓋をセットし、ガスの中強火で炊く。約13~15分で火を止める。
4)火を切ってから20分ほど蒸らす。
【材料】
●米 2合半
●水 500cc
●うなぎの蒲焼 1~2匹
●蒲焼のタレ 10~20ml
●木の芽か山椒の粉 適宜
【作り方】
1)お米を研いで20分間水に浸けておく。
2)中蓋と上蓋をセットしガスの中強火で炊く。13~15分で火を止め、20分程蒸らす。
3)炊き上がったご飯に蒲焼のタレをかけ、よく混ぜる。
4)蒲焼を短冊切りにして半分入れて混ぜ、残りを上にのせる。
5)お好みで木の芽か山椒の粉をふりかける。
【材料】
●米 2.5合(400g)
●しめじ 1房
●しいたけ 3個
●えのき 1/2パック
●さやいんげん 5本
●にんじん 少々
(A)水 400cc
  薄口しょうゆ 25cc
  酒  25cc
  だし 50cc
【作り方】
1)お米は研いで水気を切っておく。
2)しめじ・しいたけ・えのき・にんじんを食べやすい大きさに切る。
3)さやいんげんは斜め切りにし、サッとゆがいておく。
4)研いだお米に(A)と(2)の材料を加え、20分間浸けておく。
5)中蓋と外蓋をセットし、ガスの中強火で炊く。13~15分で火を止め20分間蒸らす。
6)出来上がりに(3)を散らして出来上がり。
【材料】4人分
●米 2合
●生食用生牡蠣 12~16粒
●酒 100ml
●塩 小さじ1/2
●しょうが汁 少々
●小口切りにしたねぎ 適量
【作り方】
1)牡蠣は水をきり、塩小さじ1(分量外)をまぶして軽くもみ、さっと水洗いする。
2)小鍋に牡蠣・酒を入れて中火にかける。沸いたら1分~1分半ほどで火から上げ、ボウルなどで煮汁を受けながらざるにあけ、煮汁と身を分ける。
※身は乾かないようにアルミホイルなどでくるんでおく。
3)(2)の煮汁に水を足して400mlにし、研いだ米・塩・しょうが汁とともに「かまどさん」に入れ、10分ほど浸水させる。
4)蓋をセットして中強火に12分かけ(穴から蒸気が勢いよく出て1~2分が目安)、火を止めて15分蒸らす。
5)いったん中蓋・上蓋を開けて素早く1の身をのせ、再び蓋を閉めて5分蒸らす。
6)食べる直前にねぎを散らし、よく混ぜる。
【材料】
●米 2合半(450cc)
●ヤリイカ 中1パイ
●小エビ 50g
●ピーマン(赤)(黄) 各1/4個
●さやいんげん 30g
●赤トウガラシ 1本
●ニンニク 1片
●スープ(鶏ガラ) 500cc
●塩 小さじ1
●こしょう 少々
●オリーブオイル 大さじ1と1/2
●パセリ みじん切り
【作り方】
1)お米は研いで水気を切っておく。
2)イカは皮をむき、足と腹わたを取り輪切りにする。
3)小エビはカラからはずし、背わたを取る。
4)ピーマンは細切りにし、さやいんげんは2cmの長さに切る。
5)かまどさんにオリーブオイルを入れ、中強火にかけニンニクと赤とうがらしを入れる。オイルに香りがうつり始めたら、お米を入れ約2~3分炒める。焦げないように注意する。
6)強火にして5にイカ・エビ・ピーマン・さやいんげんを加え、塩・こしょうをしてさっと炒める。
7)(6)にスープを加え、中蓋と上蓋をセットし、ガスの中強火で炊く。約12~14分で火を止める。
8)火を切ってから20分ほど蒸らす。蒸らし終わったらさっくりと混ぜ、パセリのみじん切りを散らす。
※ご確認下さい※
送料について北海道・沖縄は別途送料が800円追加となります。
発送元について同梱品が無い場合はメーカーより直送させて頂くこともございます。
在庫について製造元での在庫に限りがございますので、ご注文いただいた時点で
最短でお届けができない場合があります。
その場合、メールにて発送日のご連絡をさせて頂きます。
ギフト対応ギフト包装・のしをご希望の方はお申し出下さい。

【送料無料】長谷園 伊賀焼・炊飯土鍋「かまどさん」(ガス直火用)3合炊き※陶敷板・竹枸子・レシピ付(長谷製陶)

メーカー希望小売価格:
13,200円(税込)
価格:

10,909円 (税込 12,000円)

[ポイント還元 120ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

◆信頼の正規代理店◆

当店は伊賀市のお隣、名張市に位置し、同じ伊賀地方に属しており、

長谷製陶より直接仕入れて販売しております。



遠赤外線効果の高い釉薬を使用しているのでお米の芯まで熱が通り、火加減なしでふっくらしたご飯が炊き上がります。 肉厚成形なので熱をしっかり蓄えて、火を切ってからも沸騰しながら蒸らし続け、保温性にも優れています。二重蓋なので、圧力釜の機能を果たし、吹きこぼれも防ぎます。 多孔質の粗土のため、木のおひつと同じように呼吸をし、ご飯がべとつかず冷めてもおいしくいただけます。 炊き込みご飯や玄米もおいしく炊けます。
商 品 詳 細
商品名

かまどさん 三合炊き

サイズ

φ24cm × h18cm

1500ml

3.6kg

備考

※陶敷板・杓子・レシピ付

使用上の注意

必ず初めてお使いになる際に、弱火でご飯からお粥を炊き込んで下さい。伊賀焼きの特長である粗い土で土鍋を作っていますので、「目止め」をお粥で行います。これをしないと、土鍋から水が漏れたりする可能性がありますのでご注意下さい。

製造元

長谷製陶

三重県伊賀市丸柱569

◆メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています



※ご確認下さい※
●同梱品が無い場合はメーカー直送の場合もございます。
●北海道・沖縄は別途送料が800円追加となります。
●ギフト包装・のしをご希望の方はお申し出下さい。

ページトップへ