【ニッポンのおいしい、いただきます!】天保元年創業。茨城の老舗「吉田屋」の梅

おいしいモノが大好きなおうちごはん編集部とその仲間たちが、日本全国のおいしいモノを発見する企画『ニッポンのおいしい、いただきます!』。今回ご紹介するのは、茨城県にある老舗「吉田屋」が手掛ける梅商品たち。こだわりがたっぷりと詰まった茨城の梅や吉田屋の先進的な取り組みについてもたっぷりとご紹介します。

 

茨城の老舗「吉田屋」の梅商品の魅力に迫ります

食欲&物欲旺盛なおうちごはん編集部とその仲間たちが、日本全国にある「おいし

いモノ」を発見していく連載企画『ニッポンのおいしい、いただきます!』。まだまだ知られていない日本のおいしいモノを紹介していきます。

今回ご紹介するのは、茨城県の大洗町にある老舗「吉田屋」が手掛ける梅商品たち。種類豊富な梅干しは、一つひとつにこだわりと愛情がたっぷりと詰まっています。

 

「茨城=梅」のイメージがないという方も多いかもしれませんが、「吉田屋」の梅干しを知れば、新しい梅の魅力に出合えること間違いなし!

今は大人気となった茨城県の梅ブランドができあがるまでの苦労や、新たにチャレンジしている取り組みなどについてもたっぷりとご紹介します。

創業191年「吉田屋」

梅干・奈良漬・らっきょう・生姜等の漬物製造販売業として、「吉田屋浅吉商店」の屋号で営業をスタートしたという「吉田屋」。天保元年の創業以来、200年近くにわたって茨城の地でその味を守り続けてきました。

この「吉田屋」の長年にわたる取り組みや、これからの未来を見据えた新たなチャレンジなどについて、今回は八代目の大山壮郎さんにお話を伺いました。

茨城県初の梅ブランドをつくる「常陸乃梅プロジェクト」

梅の全国シェアは、和歌山県の南高梅が7割を占めて第1位。第2位は群馬県で、第3位は三重県です。

では茨城県は……というと、梅の作付面積は全国で第3位なのに、出荷量はトップ10にも入っていないんです……。

lllll

富永米穀店はこちら

梅の名所として人気を集める水戸の「偕楽園」には、毎年全国から多くの観光客が訪れているなど、茨城の観光の目玉として欠かすことのできない梅ですが、実はこういった観光地で販売されているさまざまな梅製品もその原料となる梅のほとんどは、かつては茨城産ではなかったんだそう。

なぜかというと、茨城では梅の生産量は多いものの、その一次加工を苦手としており、手のかかる一次加工をせずに青梅だけを市場に出荷していたから。

そのため、行き先のない梅のほとんどは手つかずのまま自然落果させていたんだそうです。

 

あああ ああ ああ
ああ ああ ああ
あああ あああ ああ

あああ